会社概要

S__9699334.jpg

商号    橋本特殊工業株式会社

資本金   10,000,000円

役員    代表取締役 柳瀬 孝之

      常務取締役 近澤 尚伯
      監査役 古谷 嘉則

所在地   〒760-0064

      香川県高松市朝日新町30-8
      TEL (087)811-5227
      FAX (087)811-2541

敷地    1,960㎡  

      建物 1階 1,000㎡

      2階 800㎡

会社設立  昭和28年10月1日

事業内容  超硬合金丸鋸(チップソー)製造、販売、修理

従業員   23名

取引銀行  百十四銀行東支店 
      中国銀行高松東支店
      香川銀行東支店

​沿革

昭和28年10月

故会長橋本健一が香川県高松市築地町で創業。従業員9名で発足。木工用かんな刃、製紙用チッパーナイフ製造、製材木工機械販売。

 

昭和40年

フジブランドでチップソー製造販売、木材用として製作。

昭和42年

資本金120万に増資、従業員13名に増員。

昭和45年

本社工場新築移転、春日町に移る。資本金250万に増資、従業員20名に増員。

昭和46年

非鉄金属切断用として製造販売、アルミサッシ切断用として全国的な需要を得る。

昭和49年

資本金500万円に増資、西独最大の鋸メーカー・レンナルツ社と谷製鋸株式会社と鉄鋼切断用の超硬丸鋸の製造、技術提携を完了した。

西独自動チップソー研磨機購入、チップソー専門メーカーとしての地位を確立する。

昭和52年

チップソー自動研磨機導入により量産体制及び高品質製品を整える。従業員23名に増員。

 

昭和55年4月

橋本義弘社長就任、前社長橋本健一会長就任、資本金1,000万に増資、従業員25名に増員。

昭和56年

谷製鋸株式会社と社員技術交流を深め、製品加工技術の向上を計る。

昭和57年

設備機械を大幅に増設。流気式テンパ―炉など導入。

昭和58年

複合材料など新素材(木材、樹脂複合、アルミ・銅・軟鉄複合、ステンレス・プラスチック複合、軟鉄・樹脂複合など)の切断需要が急増し、

複合材用新製品を開発、販売範囲を拡張。

昭和59年

協同組合香川工業センター、工場団地、工業敷地申請3,200㎡

昭和61年

協同組合工業団地計画進展なし、組合脱退。昭和61年4月工場南側500㎡買入。

 

昭和62年

複合材料及び金属切断用新製品MIXエース・ソーの需要が急増。特に、自動車部品の切断加工に適合。
量産体制及び高品質製品を整える為、64年度工場拡張を計画。

平成元年

新工場完成。設備機械増設。従業員32名に増員。

平成2年

岡山研磨工場、九州研磨工場との連携体制確立。


平成5年

自動腰入加工装置を香川県産業技術センターと協同研究開発し1台導入。

平成13年10月

協同出資でOTSS社をアメリカオハイオ州に設立。

 

平成14年5月

OTSS社でホンダ自動車の部品加工工場を中心にチップソーの再研磨工場設立。

 

平成16年

中小企業創造活動促進法の認定を受ける。

 

平成20年

本社工場新築移転、朝日新町に移る。

平成26年7月

経営革新計画認定。

 

平成27年

橋本浩二が代表取締役に就任、橋本義弘が取締役会長に就任。

 

令和2年7月

経営革新計画認定。

​令和3年12月

当社全株式を柳瀬株式会社に譲渡。子会社として資本業務提携契約を締結。

S__9699337.jpg